シェイド・ガーデンの愉しみ

東側は塀まで2mあります。日あたりの時間は2時間ほどと少ないためにシェイド・ガーデンとして、そうした場所を好む植物を植えています。 手前の大好きな羊歯。 兄の庭から昨年の4月にもらってきた羊歯がこんなに増えました。松本ではコゴミといい、芽を茹で…

午後の買い物とお迎え猫

リュックしょってウォーキングがてらのちょっとの買い物。 テニスコート前、団地脇の道から満開の桜が次々と見えてうれしいお花見。 買い物終り、遠回りして帰ることに。ここも桜が満開でした。 ここには毎年カノコユリが咲きます。 大好きなので注目してい…

JAPAN HERB SOCIETYの桐原宅訪問イベント延期

JAPAN HERB SOCIETY www.npo-jhs.jp/による我が家訪問のイベントが延期になりました。 JAPAN HERB SOCIETY 主催:Cキューブハーブ研究会による、4月22日の我が家の庭訪問のイベントが、コロナウィルスにより延期となりました。 お申し出の通り、来年の同じ日…

日曜日朝の庭・・・ドウダンツツジとモミジ

寒くて今にも雨が降りそうな日曜日です。 ドウダンツツジの花がいちだんと白くなり目立つようになりました。 ここ数年は剪定することなく大きく育てています。 弟からもらった記念樹、仲良しだった弟に見守られている感じがします。 左上の赤は、モミジの`デ…

本日の猫とチューリップ

どこにいるかな・・・ちょくちょくこの場所に。 赤いチューリップで元気、パワーをいただく心地がします。 ムスカリ&チューリップに、長春バラの午後。

桃の花&バラの新芽

桃は葉が出てピンクと若草色のコラボが素敵。 真冬にワイヤで誘引したバラの枝は、シックな花のような新芽が吹き出すように伸びて日々変化。 `コンスタンススプライ'。 桃の下には`ピエールドロンサール'。

ホワイトガーデンの愉しみ

白い花咲くホワイトガーデン、1986年7月にイギリスのシシングハーストのホワイトガーデンを見た時から、我が家の庭にもホワイトガーデンを造りたいという思いが沸き起こったのでした。 コツコツと造り続けています。 ホワイトガーデンの始まりは扇形のウェル…

ポタジェの楽しみ

ポタジェは装飾式野菜畑のことです。 我が家の庭にはとても小さなものが三つあり、とても重宝しています。 (ナンバー1) 左側のキャベツは花が咲き始めそう。 ちりめんキャベツのカーボロ・ヴェルサ クリスピーノは、箸でちぎれるロールキャベツとのこと、細…

晴れ風強し・・・芽生えの美

木々の芽が葉に変わり、今はとても微妙な美しさ。 強い春の陽ざしを浴びて気持ちよさそうなチューリップ。 力強いですね。 一つ一つからパワーをいただけますね。 このやわやわとした独特の雰囲気は今だけ。 先日作業した多肉花壇も砂利もいいなあ。 身体を…

家で過ごす時間を楽しく

ポツンポツンと小雨模様。寝ていたニャンコたちが水のみに出てきました。 ガラス窓を開けると走ってきて、軽々とガーデンテーブルに飛び乗りました。 水色にペイントした大鉢のレースラヴェンダーが次々咲いてきれい。 こぼれ種で育ったナスタチウムは、小さ…

山川美雪先生来宅

陶芸教室の山川美雪先生が妹の麻弥さんと共に、こんなにたくさんの苗を持ってきてくださり大喜び。 毎年種まきから丹精込めて育てた花々の苗をいただきます。 今年は、オダマキ、ニゲラ、アグロステンマ、ポピー、エキウム。 とっても嬉しくて、感動感謝でし…

ゆうゆう5月号(主婦の友社)・・・本日の2

表紙の真矢ミキさんがとてもさわやかなゆうゆう5月号です。 2月号から始まった連載、「桐原春子さんの育てる、味わう。ハーブ生活」の5月号はタイムです。 殺菌性の強いタイムです。 こんな時代だからこそ、是非生活に取り入れていただきたいです。 又、特集…

雪の日の翌日

チューリップの赤い花に純白の雪、 珍しい写真が撮れました。 昨日のボタン雪、今朝は全て溶けていました。 朝撮影。 心配したダメージも、ほぼ大丈夫そうです。 でも雪が重かったので、ユーフォルビアがこんな状態になりました。 となりにしげっているバラ…

楽しいCooking

このブログを書いているうちにみるみる大雪になってまいりました。 雪の重みで折れそうな植物たち、凍えている新芽たち、不安は次々とおそってきますね。 とはいえ人間食べないと元気になれない。 こんな時こそ、食生活もいろいろと工夫したいもの。 買い物…

霙混じり雨の日曜日

暖かな場所を知っているニャンコたちです。

暖かな土曜日、夕方ぐんぐん寒く

(本日二回目) しだれ桃が次々と咲き始めました。ドウダンツツジもチューリップも。 昨年桂造園で剪定してもらったしだれ桃、すっきりとした樹形になりました。 桃が咲くと庭がウキウキとした華やかな雰囲気に。 イカリソウ、手前の部分も見事に咲きました。 …

ミントの根がすごい

近くに開店したモールのフレッシュハーブのコーナーで、ペパーミントの小さな枝先のパック詰めを購入したのは2月10日のことでした。 3センチほどのそれはそれは小さなものでした。 コップに入れて水栽培することにしました。 置いた場所は窓際の日の当たると…

小鳥の鳴き声

キジバトやスズメの鳴き声が聞こえ、春を感じます。 風の強い暖かな日でした。 チューリップの一輪目が咲き始めました。 昨日J子さんにいただいた苗。シフォンケーキも美味しかったです。 (今日の猫たち) いないと思ったらもいつもの場所に。 けもの道ができ…

砂利洗い、ユーフォルビア剪定

砂利に土が混じったので、砂利洗いをしました。 昨日から始めた地味な仕事、でもがんばったことが目に見えてわかり、 やりがいもあります。 土と砂利をバケツや容器に入れ、 ざるに小分け。 なんとこれはパリのアンティークマーケットのクリニャンクールで一…

飛び石の石と石の間に何を植える?

飛び石の間に何を植えるか・・・ タイムなど我が家にふさわしい植物を植えたこともあったのだけれど、 結局広がることなくだめに。 一番の問題は、植える私ではなく、そこを歩く人。 そこで数年前凸凹している石を夫に直してもらい、 訳を話して、二人で近く…

春のたたずまい

早咲きのシャクナゲを背景の鉢植えが、春の陽光に照らされて美しいです。 お気に入りの自作の鉢です。 山川美雪陶芸教室www.miyukiyamakawa.com/about/20年目です。 ヘリオトロープは昨日購入したもの。素晴らしい香りはセンティッドガーデンには欠かせない…

花のある日々をもっと楽しみたいな・・・

食料品の買い出しに出かけお花屋さんものぞくと、欲しいものがいろいろとあり購入。 これらを夕方までに2 回にわけて植えこみました。 種は後で蒔くつもり。 (ずっとそばで) 背中の線がかっこよい。

カモマイルのベンチ、今は多肉植物 で

お天気も良く今だという感じで、昨日から多肉植物花壇のリニューアル作業に取り掛かりました。 かつて、 「カモマイルのベンチが我が家には必要」 と、レンガとモルタルで作ったものです。 今は多肉植物を楽しんでいます。 それらすべてを抜いて整地し、棒を…

春の花々でこころ潤う心地ぞする

晴れていたのですが強風が吹き荒れる午前中でした。 午後になると穏やかで暑いほどの陽ざしでした。 クリスマスローズの小道のうるおい。 真ん中あたりにイカリソウがあります。蕾が重たげ。 この花茎は本日満開。何もしていないのに立派! 花の表情がそれぞ…

公園の桜、自宅の青コーナー

買い物の帰り道のいっもの公園に桜が咲いていました。 これは、セブンイレブンの角の早咲き。 (小さくて青のコーナー) 今年はずいぶん増えてうれしいプルモナリア。 シラーシベリカは後姿も素敵だ。

快晴の土曜日満開のユーフォルビア

ユーフォルビア ウルフェニーはトウダイグサ科の常緑の多年草です。 昨日は春分の日でしたが、今朝見るとまるで春を謳歌するかのごとく咲き誇っています。 根元にはすでに新芽が出始めています。 花が終わりころになるとこの芽が全体にこんもりと茂り、花茎…

午後そして夕方の猫たち

暖かな一日でしたね。 洗濯物がパリッと乾いて気持ちの良い日でした。 メメタは左にある池のネットの上から金魚を狙うようになって、困りもの・・・ ニャンニャンハウスの上で二匹仲良く。 夕方5時の地域に知らせる音楽が聞こえると食事を与えます。 夕食後…

今朝のニャンコたち

気持ち良い青空です。洗濯物が風に揺れています。 昨夜の雨の後ですので、家中の窓を開けて爽やかな風を取りこんでいます。 猫たちも気持ちよさそう。

河田ヒロさんのHOMEWORK

河田ヒロさんの初めての写真表現による個展だそうです。 ◎今回は会場にいらっしゃるのでしょうか。新コロナウイルスの収束を願う日々が続きますね。

「ゆうゆう6月号」の撮影

ゆうゆう誌の連載5回目の撮影のために、朝早くから渋谷の戸建てのスタジオに向かいました。料理やクラフト、ハーブ苗などの荷物は赤帽さんに運んでいただきました。 6月号は5月1日売りです。 本日撮影の写真も、とても素敵なものばかり。 テーマに沿って考…