主婦の友社ゆうゆうの撮影

昨日は、主婦の友社ゆうゆう11月号と12月号の撮影でした。

テーマはチャイブとオリーブ。

料理が主でした。

12月号は、クリスマスの2頁のクラフト作品4点がプラスされましたので、

ぎりぎりまで考え制作をつづけました。

当日の早朝、赤帽さんに荷物すべてを運んでいただきました。

場所はいつもの渋谷のミモザハウス。二階建てのスタジオハウスが何軒も建っている場所です。

私はバスと電車とタクシーを乗り継いで到着。

 

今回は一番奥左のスタジオでした。

ここも、とても素敵な庭もあります。

 

この赤バラは一輪だけ咲いた我が家のものを摘み採り、フライングリースに飾りました。

とても素敵なものができ、うれしく思いました。

ゆうゆうの11月号と12月号の発売の際は、ここでお知らせいたしますね。

 

撮影が終わり、その後はいつものように遅昼と今回の説明などなどの打ち合わせ。

私はいつものフォーをいただきました。

帰宅は8時近くでした。

 

この写真は今朝の白花露草です。

大仕事が終わり開放感と満足感で幸せな気分でした。

掃除、洗濯、室内の鉢植えの手入れ、レス増この掃除など、よく働きました。

 

花友J子さんからいただいた、オオホザキアヤメに蕾ができていて、びっくり。

このところ全体の水やりはかかしませんでしたが、とても忙しくて。でも、もしかして昨日一日留守をしていた時に、顔をのぞかせたのかもしれませんね。

 

紅カノコユリ

朝9時過ぎ、紅カノコユリがもうすぐ咲くことに気づきました。

すでに咲いたもう一輪はお盆のお供えにしてあります。

 

花弁は最後の2枚の先がついていて、あともう少しという感じ。

途中蕊が飛び出す時、かすかに音がして、珍しいなとうれしくなりました。

動画を撮ろうとまちましたが、この2枚はなかなか離れず午後3時になりました。

 

しばらくすると、こんな感じに。あともうすぐ。

 

用事があり、スマホで連絡などして戻ると、なんとそのわずかな間に咲いていたのでした。

うれしいけれど・・・

 

チャイブの小さな苗に支柱を差し込みました。その時使用したのがこのホウショウで、枝先はこうして室内に飾りました。緑色が癒されます。

 

夕方手紙を出しながらのウォーキング。

帰宅すると空と雲がきれいでした。

13日、お盆の入り

朝起きると、蕾だった紅カノコユリがぱっちりと咲いていて、嬉しかったです。

 

北見の無農薬ハーブで作られている香遊生活の製品いろいろ。

早速エキナセアのキャンディーをいただきました。ありがとうございます。

 

子ども達が小さな頃実家を訪ねた時、玄関アプローチで素晴らしく咲いているギボウシの`タマノカンザシ'を見て、「ほしい!」と。母がすぐに抜いて持たせてくれた。

大切に育てて、増えてうれしい。

 

お盆の入り。いつものように白いテーブルクロスに、花々やキュウリの馬とナスの牛、お水やロウソクなどを供えました。

花は、母からもらったギボウシのタマノカンザシ、祖母が育てていた紅カノコユリ、お盆に供えるミソハギ、舅にもらったマユミ、ハーブのエキナセア、バラのクイーンエリザベス、弟がプレゼントしてくれたドウダンツツジと父からもらった長春バラ。

夕方には玄関先で迎え火を焚いて、ご先祖様をお迎えしました。

 

ポタジェ収穫のキュウリとナス。

これで、馬と牛を作りました。

暑い夏の庭仕事など

昨日剪定した桑の木。もう何年も前にネットで注文したもの。

ビクトリアという名前。完熟すると甘くて美味。

桑の木は長命で巨木となる。しかし我が家の小さな庭では、いつも剪定しないと。

今朝は小径両脇のいらない植物を一山始末。

 

種まきしたセンニチコウが咲き始めてうれしい朝です。

 

ランチのお食後のフルーツは、Tさんにいただいたマスクメロン

富良野から届きました。

自作のお皿に置いて、ご馳走様です!!

 

小さいけれど咲いてくれてとっても嬉しい、バラの`ムンステッドウッド'。

 

 

夕方、すこし涼しくなりましたので、ウォーキングがてらの買い物へ。

帰り道、少し遠回りして夕焼けを楽しみながら帰宅しました。

 

暮らしの中の植物

種子から育てたアボカドが、また良い感じに生長したので、軒下から室内へ。

可愛いものですね。

 

露草を一輪グラスに入れて愛でることは、姉から教えてもらいました。

もともと大好きで一輪飾り、絵を描いたりはしていましたが、

全体をよく観察したりすることは姉からでした。

今朝庭に出ると白花が咲いていましたので、思いついて、白、青、黄色の露草を飾ることに。

ところが黄色は良い花なく諦め、ふと見ると水色のものがあったのです。

その3色をアンティークのグラスに。

 

花のきれいなうちに、モイストポプリを作りました。

とても良い香りですが、ピンク水晶の上に大好きなベルガモットオイルをたらしました。

瞬く間に枯れてゆくのですが、その変化に面白みを感ずるのです。

 

夕方、涼しくなってきたので、蚊よけの服装に着替え、桑やソシンロウバイなどの剪定をスピードでしました。

前回は切りっぱなしでしたので、今回は切ったものはすぐに束ねました。

どうせ自分でやる作業ですので。

注意しないと指や肩を痛めますので、やりすぎは禁物。

その後水やりもして、部屋に入りました。

エアコンと扇風機、冷えた野菜ジュースで一服しました。

 

5時30分の夕飯にこないので、どこにいるのかと思っていたら、

庭の水やりの時に、お隣の車庫の屋根にいるのを見つけました。

にゃーとないてそのままでしたので、少し寂しく思いました。

ショール、白花サルスベリ

昨日生けた窓辺のハーブと花、そしてポプリ。

朝の優しい光の中で、甘い香りを漂わせ、輝いていた。

 

朝届いた、姪の美惠が贈ってくれたショールに、感謝感激。ありがとう!!

 

白のサルスベリが次々と咲いて、白花の華やかさを愛でる日々。

 

二階から見下ろした、一番右側が白サルスベリです。

 

二階のベランダのサフィニアアロエベラ。

この二つは夫が水と肥料をやっている。

素晴らしい成長ぶりに感動。