二泊三日で松本へ・・・3の1

二泊三日(9〜11日)で、故郷の松本へ夫と行ってまいりました。
目的は夫両親のお墓参りそして兄弟ゴルフなど。

先祖代々のお墓がある山辺の山の中腹の場所からは、松本平が見渡せます。



左の杉木立の左側が桐原家の墓地。
結婚してから年に一度帰松すると家族皆でお墓参り。
両親が亡くなった後はこうして今度はきょうだいが集まると皆でお墓参り。
心安らぐ習慣。



帰り道、車を置いた場所へ。道路の両脇はリンゴ園。
桐原三兄弟夫妻と甥夫妻。



路傍の初秋の花々。




少しおりてくると、お米がきれいに実っていました。
青空がきれい。少し時間と場所が変わるだけで、空の色が違う日でした。


白い花盛りのお蕎麦の畑もあちこちに見られました。



松本駅より蕎麦店井川城へ)
9日松本駅には義弟俊郎&園子夫妻が迎えて下さり、希望の蕎麦屋井川城へ。


お蕎麦をご馳走になりました。
相変わらず美味。大好きなお蕎麦で夫感動。

白いさらしな蕎麦は繊細な味で甘みも感ずる独特なお蕎麦。

この後俊郎さん宅で、庭で収穫したポポーの絶品アイスクリームをご馳走になる。
そして末の義弟眞幸&みど里夫妻の待つ山辺のお墓へ。


(お墓参りの後は眞幸さん宅でお茶)

庭のハーブや花が皆生長していてとても素敵になっていました。
畑もいかにも良い土で、これからが楽しみ。
甥夫妻のスイカや梅漬けの差し入れで、美味しく楽しい語らい。


この後俊郎さんに定宿の花月まで送っていただきました。
この日は駅からずーとお世話になりました。
そしてご馳走様でした。



(夕食は兄夫妻と)
花月から歩いてすぐの木曽屋へ。

省吾&陽子夫妻と、楽しくお話しながら。


兄は田楽。


夫は大好きなお蕎麦のセット。
陽子さんは鰻、私は母が良く作ってくれた鯉の旨煮を懐かしみながら。